金閣寺 金閣と鏡湖池金閣と鏡湖池(きょうこち)

金閣寺とは、舎利殿「金閣」からきた通称で、正式名称は「鹿苑寺(ろくおんじ)」といい、臨済宗相国寺派大本山である「相国寺(しょうこくじ)」の塔頭寺院です。

金閣寺の歴史は、将軍職を辞し、出家した「足利義満」が、西園寺家の「北山第(きたやまてい)」(※)を河内国の領地と引き替えに譲り受け、応永4年(1397)新たに舎利殿を中心とした山荘「北山殿」を造営したことに始まります。

(※)
藤原公経(1171-1244)が北山に建立した「西園寺(さいおんじ)」を起源とする山荘で、西園寺の家名もこれに因む。

応永元年(1394)室町幕府4代将軍となった義持は当時9歳であり、実権は父の義満が握り続けます。その結果、政治や文化の中心は「花の御所」と呼ばれた足利将軍の邸宅から義満の居所となる北山殿に移りました。

応永15年(1408)51歳で義満が没し、応永26年(1419)妻の日野康子(※)が亡くなると、義持は北山殿を解体、縮小して禅寺に改めます。寺号は、義満の戒名「鹿苑院殿准三宮大相國天山道義大禅定門」に因み「鹿苑寺」としました。

(※)
義満の後妻にあたり、先妻は叔母の日野業子(なりこ)。妹の栄子は義持の妻となり、5代将軍「義量(よしかず)」を生んでいる。

応仁の乱では、金閣寺に西軍が陣を敷いたため、多くの伽藍が破壊され、唯一創建当初の建物であった舎利殿も、昭和25年(1950)金閣寺の見習い僧の放火により焼失してしまいます。

金閣(舎利殿)

昭和30年(1955)に再建された、三層の木像建造物です。

舎利殿とは、仏舎利(釈迦の遺骨)を安置する建物のことですが、金箔が貼られているため、金閣と通称されています。

"創建当初の規模と形式で復原(※)"されたものとしていますが、建築史家の宮上茂隆は異議を唱えていました。(『折衷の美-金閣』の37ページなどを参照)

(※)
"文化財建造物の修理の際に用いる言葉で"、"建物の改造の痕跡をもとに、改造前の姿に戻すことを意味します。"

また、焼失前の明治36年 (1903) から同39年にかけて、金閣の解体修理が行われ、"後世の改変箇所の復原や屋根葺き替えなどが実施され"ています。

この修理は、明治30年(1897)古社寺保存法が公布され、『鹿苑寺金閣』が特別保護建造物に指定されたことを契機にして行われたもので、古社寺保存法は、文化財保護を目的とした近代の最初の法律となります。

鹿 苑 寺 - 京都市埋蔵文化財研究所(PDF)

(156)復原と復元の違い - なぶんけんブログ - 奈良文化財研究所

修理の歴史 - 京都府教育庁 文化財保護課 - 京都府教育委員会

北山大塔(七重塔)

応永6年(1399)義満は、相国寺に高さ約109メートルの七重塔を建立しますが、応永10年(1403)の落雷で焼失してしまいます。翌年、義満は北山殿において『北山大塔』の造営を開始、規模や場所は不明ですが、『看聞日記』には、この塔は七重で、落雷により消失したと記されており、相国寺の七重塔と同規模のものではないかと考えられています。

まぼろしの相国寺七重塔を復元する - 京都市埋蔵文化財研究所(PDF)

参考文献

足利の系図 - 臨済宗相国寺派

文化史09 金閣寺(鹿苑寺) - 京都市(PDF)

冨井正憲『折衷の美-金閣』(PDF)

last update

Copyright © 2007 inariage.com All Rights Reserved.