銀閣寺 観音堂

銀閣寺の正式名称は「慈照寺(じしょうじ)」といい、臨済宗相国寺派大本山「相国寺(しょうこくじ)」の塔頭寺院です。

文明14年(1482)室町幕府8代将軍「足利義政」は、3代将軍「義満」の山荘「北山殿」にならい、応仁の乱により焼失した浄土寺(※)の跡地に山荘「東山殿」造営を始め、翌年、東山殿に移ります。

(※)
還俗(僧侶から俗人に戻る)する前に弟の義視(よしみ)が住職をしていた天台宗の寺院です。

文明17年(1485)義政は出家し、翌年、義政の持仏堂「東求堂」が完成しますが、「銀閣」として知られる「観音殿」の完成を見ることなく、延徳2年(1490)55歳で亡くなりました。

遺命により、東山殿は寺に改められ、寺号は、義政の戒名「慈照院殿准三宮贈一品喜山道慶大禅定門」に因んで「慈照院」としました。延徳3年(1491)故人である夢窓疎石を名目上の開山として招き、寺号を「慈照寺」と改めます。

天文19年(1550)15代将軍義昭と三好長慶の争いにより、観音殿と東求堂以外の建物を失っています。

江戸時代に入り、元和元年(1615)、寛永16年(1639)と改修がなされ、現在の銀閣寺に近い形になったといわれています。また、この頃から金閣寺(鹿苑寺)の舎利殿である「金閣」に対し、観音殿は「銀閣」と呼ばれるようになり、後に寺自体が「銀閣寺」と通称されるようになります。

銀閣(観音殿)

銀閣(観音殿)

二層の楼閣で、初層は書院造で、仏間を「心空殿(しんくうでん)」といい、小ぶりの地蔵菩薩坐像と、その周りを囲むように千体地蔵菩薩立像が置かれています。上層は禅宗様の仏殿は、「潮音閣(ちょうおんかく)」といい、観音菩薩坐像が安置されています。

金閣(舎利殿)と同じく、宝形造、柿葺(こけらぶき)の屋根には鳳凰が飾られています。金閣はその名の通り、舎利殿に金箔が貼られた楼閣ですが、銀閣に銀箔は使われておらず、黒漆が塗られています。

大正2年(1913)大規模な解体修理が行われ、昭和26年(1951)には、東求堂とともに国宝に指定されています。尚、金閣は前年の放火で焼失したため、昭和30年(1955)に再建されますが、国宝の指定からは外されました。

参考文献

足利の系図 - 臨済宗相国寺派

文化史10 銀閣寺(慈照寺) - 京都市(PDF)

last update