大国主社 | 八坂神社

八坂神社 大国主社

大国主命(おおくにぬしのみこと)、事代主命(ことしろぬしのみこと)、少彦名命(すくなひこなのみこと)をお祀りしている社です。

大国主は、スサノオの子孫とされ、大己貴神(おおなむちのかみ)など複数の呼び名を持っています。出雲神話の中心人物で、写真の鳥居の前にあるのは、大国主と稲羽の素兎の像で、大国主を祀る社でよく見かけます。

出雲神話の稲羽の素兎を簡単に説明すると、

大国主には、八十神(やそがみ)と呼ばれる兄弟がいて、八十神は八上比売(やかみひめ)に求婚するため、旅をしていました。大国主は、その荷物持ちとして同行しており、その途中、毛を剥ぎ取られ傷ついた兎(稲羽の素兎)と出会います。兎がいうには、傷は八十神に騙され付いたのこと。大国主の言うとおりにしたら傷が治り、兎は八上比売と結婚するのは大国主となると言い残した、という話。

この袋を持った姿や大国が「だいこく」とも読めることから、神仏習合の思想では、大国主と七福神の大黒天が同一の神とされていました。

神話には続きがあり、八十神の求婚は、八上比売から大国主と結婚するといわれ失敗。八十神は大国主を亡き者にしますが、母神などの助けもあって再起し、大国主はスサノオのいる根の国に向かいます。そこで大国主はスサノオの娘の須勢理毘売(すせりびめ)と恋に落ちますが、スサノオはそれを許さず、試練を出します。大国主はその試練を乗り越え、スサノオから八十神を追い払い、大国主と名乗って、スセリビメを正妻に迎えるよう命じられます。

大国主は八十神を追い払い、国造りを始めます。それを協力したのが、スクナヒコナです。

事代主は大国主の子で、国譲りの話で登場し、御大ノ前で漁をしていたことから、神仏習合の思想では、七福神のえびすと同一の神とされていました。北向蛭子社でも祀られています。

参考文献
  1. 八坂神社社務所『八坂神社由緒略記(改訂版)』(平成二十五年第二版発行)