八坂神社 北向蛭子社

北向蛭子社

蛭子社は、事代主(ことしろぬし)をお祀りしている社です。

事代主は、『古事記』によると大国主の子といわれ、御大ノ前で漁をしていたことから、神仏習合の思想では、七福神のえびすと同一の神とされていました。商売繁盛のご利益があるといわれています。

現在の社殿は、正保3年(1646)に建造されたものです。