仁和寺 霊明殿

霊明殿

霊明殿は、建築家の亀岡末吉が設計したもので、明治44年(1911)に完成しました。本尊の薬師如来坐像と歴代門跡の位牌を安置しています。

扁額「霊明殿」

扁額「霊明殿」は、近衛文麿によるものです。終戦前の昭和20年(1945)1月、仁和寺の近くにある近衛文麿の別荘「虎山荘」にて、降伏後の昭和天皇のご進退についての話し合いが行われ、その内容は、昭和天皇に退位・出家していただき、仁和寺に入るといったものだったとされています。仁和寺39世門跡岡本慈航も参加していたといわれており、扁額は、近衛がその相談を門跡とするために仁和寺に訪れた際、揮毫したと伝えられています。

霊明殿
参考文献
  1. 佐藤令宣・草野満代『新版 古寺巡礼 京都 第22巻 仁和寺』(淡交社)