荼枳尼天(ダキニテン)

荼枳尼天(ダキニテン)

金閣寺の裏門を入ったところにある、荼枳尼天をお祀りする社です。

起源であるダーキニーは、ヒンドゥー教の女神「カーリー」の眷属で、敵の血肉を食らう魔女・夜叉とされています。

密教では、大黒天により調伏され、仏門に帰依し、人が死ぬ6ヶ月前に察知する通力を得て神となります。茶枳尼天を信仰すれば、繁栄を得るが、それを続けないと家運が傾くといわれています。

神道における稲荷神と習合したことで、白狐に乗った天女の姿で表されることがあります。