北野天満宮 楼門扁額「文道大祖 風月本主」

北野天満宮 楼門扁額「文道大祖 風月本主」

「文道(の)大祖」は、学問・文学の祖、「風月(の)本主」は、漢詩・和歌に長じた人という意味で、道真を称える言葉として古くから(※)使われています。

(※)
平安時代中期の学者「慶滋保胤(よししげのやすたね)」は、『賽菅丞相廟願文』において、「文道之祖、詩境之主也」、「大江匡衡(おおえのまさひら)」は、『北野天神供御幣并種々物文』において、「文道之大祖、風月之本主也」と道真を称えています。