馬駐(うまとどめ)

馬駐

外観

清水寺の伽藍は、文明元年(1469)応仁・文明の乱の兵火によって消失しており、馬駐はその後に建てられました。寛永6年(1629)の火災により、本堂など多くの伽藍を失いますが、馬駐は難を逃れています。

建物は、高さ5.2メートル、幅10.5メートル、奥行5.1メートル(参考①)ほどあり、同時に5頭の馬を繋ぐことができます。

馬駐

内部

内部の馬繋柱の環(金属製の輪)ですが、上の写真の赤く囲った2箇所が上下に可動するのに対し、その他の環は、左右に可動するように取り付けられています。

参考文献
  1. 横山正幸『京都清水寺さんけいまんだら』(京都 清水寺)