清水の舞台から飛び降りる

清水寺 舞台

江戸時代、清水の舞台から降りると願いが叶うという信仰が庶民の間で広まり、清水寺の成就院が記した『御日記』の1694年から1864年までのうち、残されている148年分の飛び降りに関する記録によると、引き留め・未遂を含め235件の飛び降りが発生しました。(うち娘1人は2回飛び降り、2度とも生存)

男女比は7対3(※)、年齢は10代から20代が全体の5割強、最高齢は80歳の男性。出身地は京都が7割を占め、武家や公家にはみられず、そのほとんどが庶民によるものでした。全体の生存率は85.4パーセントと高いですが、60代以上は皆死亡しています。(引き留め・未遂を含めているので、実際に舞台から飛び降りた時の生存率は、これより低くなる。)

(※)
参考①と②では数値が逆となっているが、②の参考は①となっている

明治5年(1872)京都府は、迷信による愚行として舞台からの飛び降りを禁止する布令を出し、"元禄以来、京都町奉行に許可されなかった竹矢来が舞台欄干の外周りに張めぐらされ、「舞台飛び下り」は影をひそめることとなった。"(参考①)

参考文献
  1. 横山正幸『京都清水寺さんけいまんだら』(京都 清水寺)
  2. 清水寺 よだん堂 | 音羽山 清水寺
last update