清水寺 朝倉堂

清水寺 朝倉堂

朝倉堂は、永正7年(1510)越前朝倉氏の9代目当主、朝倉貞景らの寄進よって建立された法華三昧堂を起源とする堂です。寄進者の氏名(姓)から朝倉堂と呼ばれています。

創建時は、清水寺の本堂と同じ懸造りの建物であったとされていまますが、寛永6年(1629)の火災により消失。その後、整地(※)が行われ、平地に建てられました。

(※)
消失した堂の下から石棺が出土し、その中から金色の千手観音像が発見されました。現在、その千手観音は成就院の持仏堂に安置されています。

本尊の千手観音像、西国三十三所観音像の他に、明治政府の神仏分離令により地主権現社(現在の地主神社)で祀ることができなくなった文殊菩薩像や廃絶した塔頭・子院の仏像なども安置されています。

参考文献
  1. 横山正幸『京都清水寺さんけいまんだら』(京都 清水寺)
last update