清水寺 田村堂(開山堂)

清水寺 田村堂(開山堂)

江戸初期(1631-1633)に再建されたもので、坂上田村麻呂とその妻高子を祀ることから、田村堂と呼ばれています。(現在、安置されているのは、寛永期に造られたものです。)

また、行叡と賢心(延鎮)の像を安置していることから、開山堂とも呼ばれています。(こちらは室町期に造られたものになります。)

参考文献
  1. 横山正幸『京都清水寺さんけいまんだら』(京都 清水寺)