清水寺 春日社

清水寺 春日社

奈良の春日明神を勧請し、江戸初期に建立された、法相宗の鎮守社です。
大正10年(1921)までは、仁王門の北側に位置し、寛永6年(1629)の火災から難を逃れています。