清水寺 馬駐

清水寺 馬駐(うまとどめ)

清水寺は、文明元年(1469)応仁・文明の乱の兵火によって伽藍を消失しており、馬駐はその後に建てられたものとされています。