伏見稲荷大社 千本鳥居

伏見稲荷大社 千本鳥居

現在、鳥居の上に右側通行の横断幕があります。(2018年7月調べ)

手前の石鳥居は、大阪相撲の頭取(年寄)12代朝日山四郎右衛門が寄進したものです。大阪相撲は、江戸時代からの歴史を持つ興行団体で、昭和2年(1927)東京相撲と合併し、その流れは現在の日本相撲協会に受け継がれています。