渡月橋

渡月橋は、承和3年(836)空海の弟子道昌(どうしょう)が大堰川の修築を行った際に架けられた橋を起源としています。また、道昌は橋の南にある葛井寺(かずのいでら)に虚空蔵菩薩を安置し、伽藍の整備などを行いました。葛井寺は後に「法輪寺」と改められ、橋もこの名に因んで「法輪寺橋」と呼ばれていました。

法輪寺 本堂

法輪寺 本堂

「渡月橋」という名の由来は、亀山上皇(1249-1305)が「曇りのない夜空に月が橋を渡っていく」様子を見て付けたといわれています。

往時の橋は100メートル上流(※)にあり、慶長11年(1606)角倉了以(すみのくらりょうい)によって保津川の開削工事が行れた際、現在の場所に架け替えられました。

(※)
室町時代に作成された『応永鈞命絵図(おうえいきんめいえず)』などから往時の橋の位置を推定することが出来ます。

現在の渡月橋

昭和9年(1934)に造られたもので、鉄筋コンクリートを主体とする構造ですが、欄干や桁隠しを木製にすることで、橋全体が木製に見えるように設計されています。また、橋の損傷を防ぐために上流にはコンクリート製の杭を設置しています。

昭和50年(1975)に歩道が増設され、平成17年(2005)には防護柵として石柱が置かれてました。紅葉シーズンなど、観光客が多い日には柵が設置されることがあり、その場合、歩行者は一方通行になります。

「渡月橋」の揮毫は、天龍寺前官長、平田精耕(1924-2008)によるものです。

嵐山『黒川翠山撮影写真資料』

①嵐山『黒川翠山撮影写真資料』(京都府立京都学・歴彩館)

①撮影時期は不明となっていますが、現在の渡月橋の橋脚と違いがほぼありません。

嵐山『黒川翠山撮影写真資料』

②嵐山『黒川翠山撮影写真資料』(京都府立京都学・歴彩館)

②同じく撮影時期不明ですが、左の駒札には大正(六か八)年八月嵯峨村役場と書かれており、それ以降に撮影されたと推測されます。現在の渡月橋と見比べると、橋脚に明らかな違いがあります。

参考④(6ページ)によると、
"・渡月橋は、昭和7年6月の出水により橋の半分が流出し、昭和9年に鉄筋コンクリート製の橋に改築。
・幅員は当時の3倍に拡幅され、橋面が1m嵩上げされたものの、名勝としての調和を図るため、高欄に尾州檜を用い、桁隠しも設けられ、木橋の趣を継承。"
とあり、①は昭和9年以降に撮影され、②は大正(六か八)年から昭和7年までに撮影されたと推測されます。

嵐山『黒川翠山撮影写真資料』

嵯峨渡月橋『撮影鑑 二』(京都府立京都学・歴彩館)

参考⑤の解説から、さらに昔に撮影されたものであることがわかります。

小倉山と嵐山

嵐山と小倉山(流れているのは桂川)

渡月橋から

右の山は、標高296メートルの小倉山で、藤原定家が『百人一首』を編纂した別荘「小倉山荘」があったといわれています。『百人一首』は、"天智天皇から順徳天皇の時代に至る百人の歌人の歌を一首ずつ選んだもの"(参考③)で、小倉山荘に因み『小倉百人一首』と通称されています。

小倉山の南東部は公園になっていて、その東に三天皇(第88代後嵯峨天皇、第90代亀山天皇、第93代後伏見天皇)の火葬塚があることから、「亀山公園」(正しくは、嵐山公園・亀山地区)と呼ばれています。

川の南岸に位置する左の山は、標高382メートルの嵐山です。渡月(小)橋を南へ渡ると、法輪寺の裏参道(表参道は下流に進む)、川沿いを上流へ約20メートルほど進むと、櫟谷宗像神社(いちたにむなかたじんじゃ)があり、嵐山モンキーパークへの入り口となっています。
また、上流に約1キロメートル進むと、千光寺(大悲閣)への入り口があります。千光寺は、慶長19年(1614)角倉了以が河川工事で亡くなった人を弔うため、現在の場所に移転、建立しました。

千光寺 観音堂から

千光寺 観音堂から(10月)

参考文献
  1. 加納進 『嵐山あたりの史跡と伝説と古典文学を訪ねて』(室町書房)
  2. 『黒川翠山撮影写真資料』京都府立京都学・歴彩館 デジタルアーカイブ
  3. 『新明解国語辞典 第五版』(三省堂)
  4. 嵐山の史跡及び名勝としての価値 - 国土交通省近畿地方整備局(PDF)
  5. 『撮影鑑 二』京都府立京都学・歴彩館 デジタルアーカイブ
last update