伏見稲荷大社 内拝殿(向拝大唐破風)

内拝殿(向拝大唐破風)

伏見稲荷大社は、稲荷神を祀る全国の稲荷神社の総本社です。稲荷神とは、本殿で祀られている五柱の神の総称であり、古くは、三ヶ峰に祀られていた神を指します。

その起源は、

『山城国風土記』の逸文
"秦伊呂具(はたのいろぐ)は、稲を積んで裕福であったため、餅を的にして弓を射ようとした。すると、餅は白鳥となって飛び去り、白鳥が舞い降りた山の峰には稲が実った(成った)。そこに伊呂具は社を建て、「イネ・ナリ」から「伊奈利(いなり)」と名付けた。"
社記『神号伝并後附十五箇条口授伝之和解』
"和銅4年(711)2月壬午の日、深草の豪族である秦伊呂具は、勅命により三柱の神を伊奈利山の三ヶ峰に祀った。"

など諸説あります。

天長4年(827)「淳和天皇(じゅんなてんのう)」の体調が悪くなり、原因を占ったところ、造営中である東寺の五重塔に稲荷神社の神木が使われたことによる、稲荷神の祟りと判明します。朝廷は祟りを鎮めるため、稲荷神社へ使者を遣わし、病気平癒の祈願と稲荷神に従五位下の神階を贈ります。このような縁もあり、東寺は稲荷神を鎮守神としてお祀りしており、稲荷神社と深い結びつきがあります。神階はその後も累進し、朱雀天皇の御代の天慶5年(942)には、正一位となりました。

三ヶ峰の祭神は、三ノ峰(下社)「ウカノミタマノカミ」(※1)、二ノ峰(中社)「サタヒコノカミ」(※2)、一ノ峰(上社)「オオミヤノメノカミ」(※3)とされ、この頃の人々の稲荷神社への参拝というのは、この三ヶ峰を巡拝することでした。(現在、その場所を巡拝する行為を「お山する(お山めぐり)」といいます。)

(※1
宇迦之御魂神は、須佐之男命(スサノオノミコト)と神大市比売(カムオオイチヒメ)から生まれた神で、『古事記』に記載されています。兄に大年神(オオトシノカミ)がおり、ともに穀物を司る神といわれています。
(※2
佐田彦神は猿田毘古神(サルタビコノカミ)の別名です。天照大神(アマテラスオオミカミ)の孫の邇邇芸命(ニニギノミコト)が高天原(天)から葦原中国(地上)に降りる際、天の八衢(やちまた)で邇邇芸命を待っていた地上の神で、葦原中国までの道案内をしました。
(※3
大宮能売神は、『延喜式』の祝詞に登場する女神で、宮殿に仕え、言葉によって恵みをもたらすとされています。

三ヶ峰の各末社には、「阿古町(あこまち)」(下社)、「黒烏(くろを)」(中社)、「小薄(おすすき)」(上社)といった固有の名前を持つ白狐(※)が祀られます。白狐は稲荷神の神使(眷属)とされていますが、後に「命婦(みょうぶ)」という官位が授けられ、「命婦稲荷神」として祀られるようになります。

(※)
東寺に伝わる『稲荷流記』には、白狐(びゃっこ)の老夫婦と5匹の子が稲荷山に移り住み、夫の小薄は上社、妻の阿古町は下社に仕え、眷属として山を守ったと記されています。

応仁の乱により殿舎を焼失。再興の費用を捻出するため、境内には本願所が設けられ、諸国勧進(広く寄付を募ること)が行われました。後に本願所は愛染寺と称し、明治政府の神仏分離令によって廃絶するまで東寺の末寺として存続しています。

本殿と内拝殿

『黒川翠山撮影写真資料』稲荷神社 本殿

『黒川翠山撮影写真資料』稲荷神社 本殿

本殿は明応元年(1492)の造営で、明応8年(1499)より、三柱の神に田中神と四大神を加えた、五柱の神が本殿で祀られるようになります。
元禄7年(1694)には、江戸幕府の寄進によって、本殿正面に「向拝大唐破風」が付けられました。

本殿と内拝殿

本殿と内拝殿

昭和36年(1961)本殿手前に内拝殿が造営され、その際、本殿の「向拝大唐破風」は内拝殿に付け替えられました。

鳥居とお塚

神蹟にある塚

神蹟にある塚

現在、三ヶ峰に社殿はありませんが、かつて祭神が祀られていた場所を神蹟とし、その神蹟を順拝すること「お山する(お山めぐり)」(※)といいます。参道には信者から奉納された約一万基の鳥居とお塚と呼ばれる無数の石碑があります。

(※)
奥社奉拝所から約4キロメートルの道で所要時間を2時間としています。(御膳谷参拝所から清滝方面に降りてしまうとさらに時間がかかります。)

神蹟は、全部で7箇所(下社・中社・上社・長者社・荷田社・田中社・御膳谷)あり、明治時代にその場所を確定し、標石を建てました。

鳥居を奉納する習わしは、江戸時代から始まり、朱(丹塗り)の鳥居が奉納されるようなったのは、明治以降といわれています。鳥居のほとんどは木製ですが、明治から大正(主に大正期)にかけて奉納された石鳥居もあります。

お塚は、稲荷神に別称を付けて信仰する人々が石碑にその名を刻み奉納したもので、当初は神蹟を破壊するとして石の持ち込みを禁止、排除していましたが、明治4年(1871)明治政府の上知令により、一時的に国有地となり、神社側が管理出来ない間に奉納が盛んに行われ、神蹟に私的な塚が混在する景観になりました。

千本鳥居

千本鳥居

千本鳥居

奥宮(おくみや)から奥社奉拝所までの鳥居の参道の中で、二筋に分かれている場所を「千本鳥居」(※)といい、観光客に人気の高い場所となっています。(その影響もあってか、片側通行になっていました。2018年7月調べ)

(※)
参考文献①"この間に千本鳥居と称して崇敬者の奉納になる鳥居がまるでトンネルとなっている二筋に分かれた参道があるが"を根拠に記載してます。

楼門

楼門

楼門

豊臣秀吉が母の病気平癒の祈願を稲荷神社に依頼したところ、成就したため、秀吉からの寄進があり、楼門はその寄進によって造営されたものです。

昭和48年(1973)に解体修理が行われた際、天正17年(1589)の墨書が発見されており、造営時期の裏付けが取れました。

参考文献
  1. 伏見稲荷大社社務所『伏見稲荷大社略記』(平成17年9月1日 第16版)
  2. 京の記憶アーカイブ『黒川翠山撮影写真資料』(京都府立京都学・歴彩館)
  3. 稲荷山共栄会『霊峰稲荷山を巡る』
  4. 井上満郎『お稲荷さんの正体』(洋泉社)
last update