平等院 鳳凰堂(阿弥陀堂)

鳳凰堂(阿弥陀堂)

平等院は、貞観元年(859)嵯峨天皇の皇子「源融(みなもとのとおる)」が築いた別荘「宇治院」を起源とする寺院です。長徳4年(998)藤原道長が譲り受け、宇治院は「宇治殿」と呼ばれ、道長亡き後は子の藤原頼通の所有となります。永承7年(1052)頼通は宇治殿を寺院に改め、寺号を「平等院」とします。

鳳凰堂(※1)は、本尊の阿弥陀如来坐像を安置する中堂、左右の翼廊、背後の尾廊からなる建物で、天喜元年(1053)に建立されました。
正しくは「阿弥陀堂」ですが、江戸時代から左右の回廊を両翼、背後の尾廊を尾とみなし、中堂の屋根の上に鳳凰(※2)があることから、阿弥陀堂は鳳凰を象ったものであるされ、「鳳凰堂」と呼ばれるようになります。以降、鳳凰堂という呼称が定着し、国宝の指定の名称も「平等院鳳凰堂」で登録されています。

(※1
十円硬貨の図柄に使われています。
(※2
一万円紙幣の図柄に使われています。中堂の鳳凰は複製ですが、真物は境内にある鳳翔館に展示されています。

鳳凰堂とその全面に広がる阿字池(あじいけ)は、極楽浄土(阿弥陀仏の世界)を再現したもので、浄土庭園と呼ばれています。

創建時は天台宗の寺院でしたが、明応9年(1500)浄土宗の城誉栄久により伽藍の修理が行われ、これにより浄土院といった浄土宗の塔頭が建てられ、平等院は浄土宗を兼ねることになります。

宗派間の対立もあり、天和元年(1681)"寺社奉行により平等院は「天台・浄土両宗により護持、修理は交替、平等院の名称は一山の総称」など"とする裁定が下されています。尚、現在は特定の宗派に属さない単立寺院となっています。(参考文献より)

鳳翔館(ほうしょうかん)

平成13年(2001)に開館した博物館で、建築家の栗生明(くりゅうあきら)によって設計されました。

参考文献

神居文彰・志村ふくみ『新版 古寺巡礼 京都 第13巻 平等院』(淡交社)

last update