妙心寺 三門

歴史と画像については利用規定をご確認ください。

妙心寺の歴史

妙心寺は、臨済宗妙心寺派大本山の寺院です。

花園法皇(1297-1348)は、自らの離宮「花園御所」を禅寺とすることを発願し、臨済宗の宗峰妙超を開山として迎えようとします。しかし、妙超は病に伏していて容体も悪く、禅寺を正法山妙心寺と命名した上で、弟子の関山慧玄(かんざんえげん)を推挙し、建武4年(1337)に没します。妙心寺では、開創をこの年とし、慧玄は暦応5年(1342)に妙心寺の開山となります。

応永6年(1399)足利義満によって、妙心寺第6世の拙堂宗朴(せつどうそうぼく)が幽閉され、寺領は没収、寺名を龍雲寺と改めさせられ、妙心寺は中絶します。これは義満と対立し、幕府に対して反乱(応永の乱)を起こした、大内義弘が拙堂宗朴と通じていたと疑われたためだといわれています。
守護大名である細川勝元の支援の元、日峰宗舜(にっぽうそうしゅん)が妙心寺の再興をはかり、永享4年(1432)寺名を妙心寺に返します。

応仁元年(1467)応仁の乱により多大な被害を受け、境外塔頭の龍安寺などとともに焼失しますが、文明9年(1477)後土御門天皇の勅を受け、雪江宗深(せっこうそうしん)が再興します。

明治5年(1872)には、花園大学・花園高等学校の前身となる、教育機関「般若林」が境内に創設されています。

関連資料

妙心寺の画像


仏殿

法堂

三門

大方丈 唐門

三門から

南総門と勅使門

勅使門

経蔵

北総門

鐘楼

蓮池

渡り廊下(寝堂から法堂)

法堂周辺から

東海庵周辺から

金牛院周辺から

三門

仏殿と経蔵

南総門

玉鳳院 四脚門

霊雲院

天球院

智勝院

聖澤院

衡梅院

東林院
last update
2012-10-18