本堂(清水の舞台)

歴史と画像については利用規定をご確認ください。

清水寺の歴史

清水寺は、北法相宗大本山の寺院です。

宝亀9年(778)、賢心(後の延鎮上人)は夢の中でお告げを賜り、それに従い音羽の滝に訪れると、長くこの地で修行していた行叡に出会います。行叡は賢心に霊木を授け、東国へ行くと告げ姿を消します。賢心は授かった霊木で観音像を彫り、行叡が残していった滝上の草庵に観音像を祀ります。これが清水寺の始まりとされています。後に賢心は坂上田村麻呂と出会い、賢心と滝の清水に感銘を受けた田村麻呂は妻と共に帰依します。

田村麻呂は仏殿を寄進建立し、十一面千手観世音菩薩を本尊として安置し、延暦17年(798)には毘沙門天と地蔵菩薩を本尊の脇侍として祀ります。
その後も田村麻呂は伽藍の整備に努め、延暦24年(805)には清水寺の寺地を賜ります。弘仁元年(810)には嵯峨天皇の勅許を得たことで、清水寺は国家鎮護の道場となり、「北観音寺」の寺号を賜ったとされています。

伽藍は何度も焼失しており、現存する伽藍の多くは、寛永年間に江戸幕府の3代将軍である徳川家光により再建されたものです。清水の舞台で知られる本堂は、寛永10年(1633)に再建されました。

長らく奈良の興福寺に属する法相宗の寺院でしたが、昭和40年(1965)に大西良慶(1875-1983)が北法相宗を開宗、法相宗から独立しています。

本堂
正面約36メートル、側面約30メートル、高さ18メートルの仏殿で、本尊である十一面千手観世音菩薩を祀っていることから、大悲閣とも呼ばれています。急な斜面に迫り出すように建てられていて、突き出た部分を舞台といい、古くから本尊である千手観音に芸能を奉納する場所として利用されています。
清水の舞台
舞台は、面積約190平方メートル、総檜板張りで、最長12メートルの欅(ケヤキ)の柱を並べ立て、貫(垂直材間に通す水平材)を縦横に通して楔で組み固めることで、釘を一切使わずに構築されています。(画像
江戸時代には、清水の舞台から降りれば願いがかなうという信仰があり、清水寺の記録によると、1694年から1864年まで未遂を含めて234件の飛び降りが行われています。尚、生存率は85.4パーセントでした。

清水寺の画像


本堂

本堂(清水の舞台)

本堂

音羽の滝

本堂

仁王門

西門

開山堂(田村堂)

北総門

馬駐(うまとどめ)

百体地蔵堂

鐘楼

子安の塔

三重塔

濡れ手観音

仁王門

福禄寿の像

本堂

奥の院から

成就院

奥の院

西門

月照・信海・西郷石碑
last update
2013-04-08
Copyright © 2014 inariage.com All Rights Reserved.