八坂神社は「素戔嗚尊(スサノオノミコト)」を主祭神とする神社です。
慶応4年(1868)明治政府の神仏分離により、八坂神社と改称するまでは「感神院」、または「祇園社」と呼ばれていました。

その起源は、

  • 斉明天皇2年(656)高麗より来朝した使節の伊利之(いりし)が、新羅国の牛頭山に降臨した素戔嗚尊をこの地に祀った。
  • 貞観18年(876)南都の僧円如が建立したのが始まりで、堂には薬師千手などの像が祀られ、その年の6月14日、天神(祇園神)がこの地(祇園林)に降臨した。
  • 貞観11年(869)常住寺の僧円如が播磨国広峰に降臨した牛頭天王をこの地に遷座した。
  • 天長6年(829)紀百継(きのももつぐ)がこの地を賜り、神の祭祀の場所としたことで、それが感神院の始まりとなった。(※1

など諸説あり、興福寺や延暦寺の管理下に置かれていたことや、神仏分離の影響を受け、増えた(変化した)と推測されます。

「祇園」とは、インド祇園精舎の守護神「牛頭天王(ごずてんのう)」を指しており、牛頭山に降臨したスサノオと同一の神とみなし、「祇園神」「祇園大明神」とも呼ばれていました。これらは、神道と仏教が結びついた神仏習合の思想であり、本地垂迹(※2)では、素戔嗚尊の本地仏を薬師如来としていました。

永保元年(1081)行円(※1)が感神院執行となり、明治政府により神職の世襲制が廃止されるまでの間、その子孫が感神院執行の職を継いでいきます。

(※1
百継は渡来人「八坂造(やさかのみやつこ)」の娘を妻にして八坂造家を継承し、行円はその一族の後裔としている。『八坂神社由緒略記』二、由緒 創祀より
(※2
本地垂迹(ほんじすいじゃく)とは、神仏習合の思想の一つで、神道の神々(垂迹)は、仏教の仏(本地)が人々を救うための仮の姿であるというもの。

祇園御霊会と祇園祭

平安遷都後、疫病が度々発生したことから、人々はその原因を怨霊や祟り神の仕業と考え、疫病を鎮めるための催し「御霊会(ごりょうえ)」を行うようになります。

「祇園祭」の前身である「祇園御霊会」は、当時の国の数である66本の鉾を立て、祟り神とされていた祇園神を手厚く祀り、疫病を鎮めようとするもので、貞観年間(※)に始まりました。

(※)
貞観年間(859-877)は『八坂神社由緒略記』から、京都市の観光案内用の立て札など、貞観11年(869)を起源とする記載が多い。

本殿と祇園造本殿

承応3年(1654)に再建されたもので、独立した本殿と拝殿を屋根で覆った造りになっており、祇園造(八坂造)と呼ばれています。

西楼門

西楼門明応6年(1497)に再建されたもので、大正2年(1913)四条通の拡張にともない、門を東に6メートル、北に3メートル移動させ、大正14年(1925)に門の左右に翼廊を加えました。随身(近衛府の舎人)の像は、安永3年(1774)に造られたものです。

石鳥居と南楼門

石鳥居と南楼門石鳥居は正保3年(1646)に建てられたもので、寛文2年(1662)の地震で倒壊しますが、同6年に補修再建されています。

南楼門は八坂神社の正門で、慶応2年(1866)に焼失しますが、明治12年(1879)に再建されました。

参考文献

八坂神社社務所『八坂神社由緒略記(改訂版)』(平成二十五年第二版発行)

『都名所図会』

last update

Copyright © 2007 inariage.com All Rights Reserved.