渡月橋承和3年(836)空海の弟子道昌により、大堰川の修築が行われた際に架けられた橋を起源としています。道昌は、橋の南にある葛井寺(かずのいでら)に虚空蔵菩薩を安置し、伽藍の整備などを行っています。葛井寺は後に「法輪寺」と改められ、橋もこの名に因んで「法輪寺橋」と呼ばれていました。

「渡月橋」という名の由来は、亀山上皇(1249-1305)が「曇りのない夜空に月が橋を渡っていく」様子を見て付けたといわれています。

往時の橋は100メートル上流(※)にあり、慶長11年(1606)角倉了以によって保津川の開削工事が行れた際、現在の場所に架け替えられました。

(※)
室町時代に作成された『応永鈞命絵図』などから往時の橋の位置を推定することが出来ます。

現在の渡月橋

渡月橋渡月橋渡月橋昭和9年(1934)に造られたもので、鉄筋コンクリートを主体とする構造ですが、欄干や桁隠しを木製にすることで、橋全体が木製に見えるように設計されています。また、橋の損傷を防ぐために上流にはコンクリート製の杭を設置しています。

昭和50年(1975)に歩道が増設され、平成17年(2005)には防護柵として石柱が置かれています。紅葉シーズンなど、観光客が多い日には柵が設置されることがあり、その場合、歩行者は一方通行になります。

「渡月橋」の揮毫は、天龍寺前官長、平田精耕(1924-2008)によるものです。

参考文献

加納進 『嵐山あたりの史跡と伝説と古典文学を訪ねて』(室町書房)

京の記憶アーカイブ『撮影鑑 二』(京都府立京都学・歴彩館)

last update

Copyright © 2007 inariage.com All Rights Reserved.