『鞍馬蓋寺縁起(あんばがいじえんぎ)』によると、宝亀元年(770)初寅の夜、奈良の唐招提寺にいた鑑禎は、夢の導きによりこの地を訪れ、毘沙門天の像と出会います。鑑禎は、毘沙門天を祀るための草庵を結び、この草庵が鞍馬寺の始まりとしています。平安遷都から2年後の延暦15年(796)には、造東寺長官であった藤原伊勢人が新たに千手観音像を造り、毘沙門天と共に祀るための伽藍を造営します。

寛平年間(889-897)東寺の峯延が入寺したことにより、真言宗の寺院となりますが、平安時代後期、比叡山から来た重怡が入寺し、重怡が存命中の保延年間(1135-1140)に天台宗に改宗します。寛喜元年(1229)には、青蓮院門跡座主が鞍馬寺の検校職に就き、青蓮院の管理下になります。

文化11年(1814)の火災により本堂を含む堂塔を焼失、これを機に鞍馬寺は衰退していきます。明治に入り、神仏分離の影響も受けて、山内の院坊は一層閑散となり、以前より鞍馬寺が執り行っていた「鞍馬の火祭」も、寺の鎮守社である由岐神社が行うようになります。

大正8年(1919)鞍馬寺の住職となった信樂真純は、昭和22年(1947)に鞍馬弘教を立教開宗。昭和24年(1949)天台宗から独立し、鞍馬寺は鞍馬弘教の総本山となりました。

源義経(1159-1189)

平治の乱(1160)により、父を失った源義経は、7歳の時に鞍馬寺の東光坊に預けられ、出奔する16歳まで鞍馬山で過したといわれています。鞍馬寺では義経を神格化しており、義経に関する催しを行っています。

鞍馬山鋼索鉄道

ケーブル山門駅昭和32年(1957)から参詣者の利便を図るために運行されたケーブルカーで、高低差90メートル、営業距離は200メートルほどで、日本一短い鉄道となっています。

参考文献

鞍馬山教務部 『鞍馬山小史』(鞍馬弘教総本山鞍馬寺出版部)

last update

Copyright © 2007 inariage.com All Rights Reserved.