平等院の歴史は、永承7年(1052)藤原道長の別荘「宇治殿」を子の頼通が寺院に改めたことにより始まります。

鳳凰堂は、本尊の阿弥陀如来坐像を安置する中堂、左右の翼廊、背後の尾廊からなる建物で、天喜元年(1053)に建立されました。鳳凰堂とその全面に広がる阿字池(あじいけ)は、極楽浄土(阿弥陀仏の世界)を再現したもので、浄土庭園と呼ばれています。

鳳凰堂という呼称は、江戸時代から使われ始めたもので、それ以前は「阿弥陀堂」、「御堂」などと呼ばれていました。現在は、平等院鳳凰堂という名称で国宝の指定を受け、十円硬貨の図柄となっています。
また、中堂の屋根にある鳳凰は一万円紙幣の裏面の図柄に使われています。中堂の鳳凰は複製ですが、真物は境内にある鳳翔館(※)に展示されています。

江戸時代の寺社奉行の裁定により、天台宗と浄土宗に属する二つの寺院が平等院を運営することになりますが、現在は特定の宗派に属さない単立寺院となっています。

(※)
鳳翔館(ほうしょうかん)は、平成13年(2001)に開館した博物館で、建築家の栗生明(くりゅうあきら)によって設計されました。
last update

Copyright © 2007 inariage.com All Rights Reserved.